仲間からのお手紙を紹介

おかげ様の心忘れずに、元気な88歳の私

            知多北支部 中森孝子

 

 大正13年生まれ、何時の間にやら「米寿」自分ながら驚きです。長い間一人暮らしの私、どうしてそんなに明るい顔していられるの?とよく云われます、色々なお友達に声かけをいただいて、それこそお蔭様です。ネズミ年は食べることに不自由しないと言われているように、私は怠け者で炊事はほとんどしません、皆様からの差し入れでこんなに元気に過ごさせていただいております、朝起きてとにかく大きな声で話をする、そして笑うその繰り返しの一日です、それが健康の秘訣です。「米寿のお祝いも間もなく卆寿かな」皆様のおかげを受けながらお邪魔にならぬよう大声で話を、大笑いでおかげをもらいながら元気で長生きしたいものです。

たすけあい介護サービスへのお礼の手紙です
たすけあい介護サービスへのお礼の手紙です