2019年年金者スキー教室の様子です。

2019年新春の集いの様子です。

1月10日(木曜日)

日本ガイシホールで

開催しました。

オープニングでは、

乙女コーラスで

元気に合唱して

始まりです。

特別企画では、正月にふさわしく

三河万歳で楽しみました。

幸田町三河万歳保存会から

昔から伝わってきた伝統の形の説明を聞いて踊りに入ります。

軽やかな三河万歳ならではの

踊りに魅入られた時間です。

大宝寺住職の長谷雄 蓮華さん

の話「豊かな高齢期を 仏教

から見た人のしあわせ」は、

楽しくウィットに

富んだもので、笑いもあり

楽しく聞けた時間でした。

ラジオのパーソナリテイを

されている語りは、滑らかに

いよいよ第二部の始まり

始めに来賓の方による

お酒の鏡割りです。

その後、支部からの出し物

楽しみながら、支部の仲間や

支部を超えての交流時間です。

年金フェスタで紹介された名東支部の替え歌

 

愛知年金者組合 スキーin白馬・岩岳 

 

 

 

平日のゲレンデは外国人と熟年の天国。

 

信州白馬のパウダースノーを思いっきり滑りませんか?

 

ゲレンデは宿から約4分と大変近く、日帰り温泉も徒歩5~6分の処にあります。

 

初心者から中級、上級まで滑れるゲレンデです。白馬・岩岳でお逢いしましょう!

 

 

 

1.日   時   2019年2月6日()~2月9日() 3泊4日

 

2.場   所   信州白馬・岩岳スノーフィールド

 

.集合場所   白馬・岩岳 アルペンブリック入山登(いりやまと) 12時現地集合

 

4.出  発   JR名古屋駅⑩番線ホーム上.「しなの3号」自由席付近 午前730分集合

 

※愛知県本部旗を目印にお集まりください(もしくは黄色旗)

 

 

 

5. 出 発   名古屋発800(しなの3号自由席)→松本→白馬駅着(あずさ3号自由席)1127着 

 

         新宿発 7:30(あずさ3号自由席)→ 直行→白馬駅着1127着 (2018.9.現在)

 

         各自ジパングなど割引切符をご手配ください。

 

 

 

6.帰 路   白馬発14:37(あずさ3号自由席)松本(しなの18号自由席)名古屋着18:05

 

         東京方面  白馬発14:37→直行→新宿着18:34

 

*(東京行きと同じ車両ですので、名古屋の人は松本で乗り換えが必要です。)

 

 

 

7.宿泊先  アルペンブリック入山登(いりやまと)全館暖房・各室洗面・トイレ付

 

🏣399-9301 長野県北安曇郡白馬村岩岳  TEL0261722391

 

 

 

8.参加費    ¥22,700円(宿泊費3泊6食、保険料、交流会費)  

 

①交通費(名古屋往復:15,540円)、

 

②リフト代 *昨年価格です。今年の価格は調査中(45006500/2日券昨年)

 

③昼食代④スキースクール(割引有)等の費用は含まれていません。

 

  

 

9.振込先    ゆうちょ銀行 記号00840-1-番号75399

 

加入者名 全日本年金者組合愛知県本部共済会

 

送金・振込110日(木)迄にお願い致します

 

 ※直前キャンセルは費用が発生する場合があります。

 

 

 

10. 申込み   参加申込書は1月7日(月)迄に年金者組合愛知県本部宛

 

Fax・メール・郵送で提出してください(返事をしてから確定となります)

 

 

 

11.問い合せ   年金者組合愛知県本部 スキー実行委員会

 

 

 

12.参加方法    検索年金者組合愛知県本部https://nenkin-aichi.jimdo.com/

 

 

 

〒456-0006 名古屋市熱田区沢下町9-3 労働会館本館304

 

TEL052-(825)6161

 

FAX052-(852)6162

 

nenkin-aichi@triton.ocn.ne.jp

 

宮本明人090-7432-2444・猪飼博之090-1293-0311

 

 

 

愛知年金者組合 スキーin白馬・岩岳

 

参加申込書

 

 

 

熟年は年齢・体力に合ったスキーで楽しく滑りましょう

 

氏名:

 

 

 

 

 

県本部名 

 

 

支部名

性別

 

男・女

年齢

        

 

     歳

(レンタルの場合)

※身長

 

 

cm

※体重

 

 

     ㎏

住所:

 

 

メールアドレス

携帯電話

(  )  -

自宅電話・FAX

(  )  -

 

あなたのスキーレベル

初級・中級・上級(1級、2級、3級)準指・指導員

 

レンタルスキー

の希望の有無

(有・無)

板   

 

 

cm

靴  

 

 

 cm

手袋

ストック

必要

ウエアー

必要

 

参加方法

 

(基本はJRでの参加を想定していますが、あなたの参集方法を教えて下さい。)

 

※あなたの参加方法を教えて下さい。

(いずれかに〇印を)

 

JRで皆さんと一緒に行く(しなの3800

JRで行く(他の駅から乗る)(例、多治見)

・マイカーで直接行く

・スキーバスで直接行く

・その他…

 

                 

 

1.レンタルスキー スキー場には、レンタル(スキー、ウエアー)があります。「続けられるか心配」という方はレンタルをお薦めします。(宿:割引料金設定あり)

 

 

 

2.近くにはコンビニはありません。宿には飲み物自販機があります。

 

 

 

ご不明点は何でもお問い合わせください。保険付、スポーツは自己責任です。

 

問い合せ先

 

               年金者組合愛知県本部 スキー実行委員会

 

名古屋市熱田区沢下町9-3労働会館本館304   

 

TEL052-825-6161

 

FAX052-825-6162

 

nenkin-aichi@triton.ocn.ne.jp

 

宮本明人090-7432-2444猪飼博之090-1293-0311

 

 

愛知年金者組合 スキーin白馬・岩岳

 

参加申込書

 熟年は年齢・体力に合ったスキーで楽しく滑りましょう

 

氏名:

 

 

 

 

 

県本部名 

 

 

支部名

性別

 

男・女

年齢

        

 

     歳

(レンタルの場合)

※身長

 

 

cm

※体重

 

 

     ㎏

住所:

 

 

メールアドレス

携帯電話

(  )  -

自宅電話・FAX

(  )  -

 

あなたのスキーレベル

初級・中級・上級(1級、2級、3級)準指・指導員

 

レンタルスキー

の希望の有無

(有・無)

板   

 

 

cm

靴  

 

 

 cm

手袋

ストック

必要

ウエアー

必要

 

参加方法

 

(基本はJRでの参加を想定していますが、あなたの参集方法を教えて下さい。)

 

※あなたの参加方法を教えて下さい。

(いずれかに〇印を)

 

JRで皆さんと一緒に行く(しなの3800

JRで行く(他の駅から乗る)(例、多治見)

・マイカーで直接行く

・スキーバスで直接行く

・その他…

 

                 

 

1.レンタルスキー スキー場には、レンタル(スキー、ウエアー)があります。「続けられるか心配」という方はレンタルをお薦めします。(宿:割引料金設定あり)

 2.近くにはコンビニはありません。宿には飲み物自販機があります。

 ご不明点は何でもお問い合わせください。保険付、スポーツは自己責任です。

             問い合せ先       年金者組合愛知県本部 スキー実行委員会

             名古屋市熱田区沢下町9-3労働会館本館304   

    TEL052-825-6161   FAX052-825-6162

    nenkin-aichi@triton.ocn.ne.jp

    宮本明人090-7432-2444猪飼博之090-1293-0311

 

7月19日は、年金裁判の口答弁論の日でした。裁判前に名古屋栄で宣伝活動をして名古屋地方裁判所の前に年金者が集まりました。270人の原告から寄せられたアンケートを活用して生活実態に基づく口頭弁論を行いました。
 裁判の後で桜華会館で報告集会に参加しています。今回は、2人の組合員と1人の弁護士から口頭陳述を行い、裁判官へ年金者の生活実態を訴えましたと報告がありました。
もう2年も裁判で運動しています。年金者組合を中心にして多くの仲間と共に運動を進めています。まだまだこれからです

画像に含まれている可能性があるもの:5人、座ってる(複数の人)、室内

 

2018年

10月

23日

2018年金フェスタIN名古屋

今年も各地域で年金一揆(又はフェスタ)

が開催されました。

10月 6日 東三河

   (豊橋市総合文化センターアイトピア3F)

10月19日 西三河(管生川左岸)

10月19日 尾北 (尾張一宮駅ビル内)

10月28日 尾張旭(尾張旭駅前広場)

10月13日 名古屋(若宮広場)

 今年は、昨年まで年金一揆を言っていたのが、年金者以外の方にも幅広く参加を呼び掛けて、年金者が取り組んでいる運動を知らせていこうと名称も変えてきました。

 このページでは、名古屋で開催の「2018年金フェスタIN名古屋」の取り組みを写真で紹介します。

 下記は、フェスタの看板です。

 集会の最後に「安倍やめろ」のプラカードを掲げる皆さん。その後このカードを持ってデモ行進しました。

 デモ行進に出かける写真と名東支部作成の「年金削るな、積立金返せ、若者も安心、国民年金を」の箱型おみこしタイプの宣伝看板です。担いで行進をして栄周辺の方に訴えて歩いて、

街頭から多くの声援がありました。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

19日

第29回定期大会を開催

続きを読む

2016年

7月

29日

第28回愛知県本部定期大会で確認したこと

参議院選挙直後で、憲法改悪を意図的に隠し、アベノミクスを全面に打ち出した「改憲勢力」が、非改選議席とあわせて改憲発議に必要な3分の2を超える議席を獲得した情勢を踏まえて改めて要求実現の運動を進める中で、安倍政治の出てくるあらゆる動きをよく見ていき、反撃をしていこうと話し合いました。
続きを読む 0 コメント

2014年

12月

21日

12月12日県本部委員会を開催しました。

第26会愛知県本部委員会、12月12日10:00~16:00北区役所7F大会議室

(大会と大会の中間で行う活動のまとめと方針を討議する会議)

安倍政権の社会保障制度の形骸化、消費税の増税、集団的自衛権行使を可能にする法整備、TPP早期交渉妥結、原発再稼働、米軍基地強化などの暴走政治へ国民の批判が強まり、内閣支持率は急落、解散に追い込まれた時期の委員会でした。

 2014年前半の取り組みと今後の方針を話し合いました。

 1、年金制度改悪反対、最低保証年金制度実現、消えた年金解決の取り組み

 2、高齢者が安心できる医療・介護を求める運動

 3、自治体への各種の要求と要望の取り組み

 4、年金引き下げ中止を求める署名運動の取り組み

を話し合い、支部から選出された委員の熱心な話し合いで議論され全員一致で提案

されたまとめと方針を確認しました。

続きを読む 0 コメント

2013年

11月

28日

秋の2大活動推進ニュース

 

*年金削減反対・行政不服審査請求運動

 

 

愛知県 組合員7500  

 

2012年53日に7000名に到達してから、2013年の秋の月間中に7500名を突破しました。千種支部、昭和支部、熱田支部、犬山支部、大口支部、岡崎支部の奮闘に続いて、各支部は、目標を達成しよう。

 

蟹江支部 不服審査請求書 63

 

1121日蟹江支部からFAXと電話で報告がありました。蟹江支部は組合員30名の支部ですが、現在、不服審査請求書を63通集約しています。支部長代理のOさんは、100を目指すということです。また、この運動を通じて支部でのサークルづくりや仲間づくりを進めていく展望が見えてきたとの報告です。

 

 

熱田支部

 

*朝日と中日を読んでいる。国家予算がJ・V(ジョイントベンチャー)、東電に流れること、秘密保護法案のこと、拉致のこと、私が知ってもせんないことですが、他の人の知識に触れたい気持ちになっています。

 

 *週一回、地域のふれあいサロンに通っている方です。バス旅行の車中で加入していただきました。

 

昭和支部

 

 *お助け隊のお客様、童謡唱歌の会員さん。

 

 *童謡唱歌のミニコンサートを40名規模で開催したことが中日新聞に記事が掲載され支部への問い合わせが殺到しています。

 

一宮支部

 

  Yさんの友人、日帰り旅行に参加し、「こんないい会があるよ」と紹介されて加入することになった。

 

千種支部

 

*Uさんのお友達、散策に連れていただき、加入。

 

*西支部のIさんより組合の活動について話を聞いた。

 

 

 

 

0 コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全日本年金者愛知県本部で、高齢者の要求を愛知県に出していこうと「2016年度県内高齢者の福祉と安全を守るための要請書」に基づき、愛知県健康福祉課等との話し合いをしました。
年金者組合からは、30名程の参加者で要請に対する回答を見ながら話し合いました。
以下の各項目について話し合い要望しましたが、満足のいかない回答が多く、県政を変えていかないといけないことを今回の話し合いでも感じてきました。皆さん県政を変えていきましょう。
(1) 高齢者施策で、認知症による高齢者の事故死、独居老人の孤独死など痛ましい事例が続いている中で見守りネットワークの構築をしてください。
(2) 高齢者肺炎球菌バスの利用料引き上げが検討されているなかで県の助成措置を...
(3) 一人暮らしの高齢者が安心して入所できる介護施設が少ない中で、低年金でも入ることのできる介護施設を増やしてください。
(4) 持ち家のバリアフリー化や雨漏りのなどの修理に対して、低年金者への補助金検討を
(5) 福祉バス、巡回バスなどの利用料引き上げが検討されている中で、県の助成措置を設けて下さい。
(6) 「後期高齢者医療制度」の特例外しで、低所得者の保険料が大幅に上がります。県として特例外しに反対する意見書を国へ出して下さい。
(7) 国民健康保険への県支出金を無くさないで下さい。又保険者の生活が著しく困難になった人への一部負担金の減免制度を拡充し、内容を周知徹底させていくための措置をしてください。
(8) 国保の都道府県一元化で現状より、制度が後退しないように、各市町村の独自減免の継続を市町村に徹底してください。
(9) 介護保険の内容が、「新総合事業」で現状より悪くならないように、市町村予算を十分確保し、今まで通り、専門的サービスを保障してください。またその他の介護の要望を出しました。
(10)有料老人ホームの高額な負担や、高齢者を囲い込む貧困ビジネスも心配されます。入所者の権利・人権が守らせるよう施設の調査を行い、劣悪な施設の解消と改善をしてください。
(11)リニア新幹線は採算が取れず、環境を破壊して地権者の権利も守られない状況です。工事を進めることに反対してください。残土の搬入先明らかにし、搬出される周辺道路の振動対策をしてください。
(12)小牧基地の空中給油機を撤去し、基地機能強化はしないように関係各省に申し入れて下さい。ブルーインパルスの展示飛行はやめるよう、防衛省に申し入れて下さい。
F―35戦闘機の整備拠点を三菱重工業小牧南工場へおかないでください。
      (13)設楽ダムは、止めて下さい。水は足りてるのに無駄なお金を使わないでください。
組合

 

10月20日(木)に年金裁判の第4回口頭弁論がありました。

約250名参加参加で集会を開き原告団55名膨張40名で裁判参加しました。
裁判に先だって栄と市役所前で年金下げるな宣伝を行い、市民に訴えていきました。

 

 

 

10月15日に愛知年金一揆開催されました。
呼びかけた団体、愛労連、社保協、福保老、食農連、第一交通、高浜原発差し止め訴訟原告段、ままの会の方が参加されました。
安部の勧めている戦争法に基づく自衛隊の海外、TPPの批准、年金・医療・介護の改悪暴走政治を阻止するための運動など共に共同の場すすめてきました。

 

第30回、日本高齢者大会in東京の様子

第1日目は大正大学で開催され、全国から4028名が参加して12の学習講座、22の分科会、5つの移動分科会に分かれて話し合いや見学・視察の交流をしました。「憲法をいかし戦争法廃止を いまこそ人間らしく生きるために手をつなごう。」と交流をしました。写真は、大正大学に入っていく愛知から参加の皆さん。

分科会の様子は、下記の大会チラシを

見てください。ダウンロードして

日本高齢者大会のチラシ いのち輝け より
日本高齢者大会in東京.pdf
PDFファイル 5.3 MB

大会の2日目、全体会は、5000名の参加で成功!

全体会は、東京国際フォーラムで開催され、5000名が参加。

1日目の4000名と合わせて、9000名を超える参加者となりました。400名の方による歌の合唱で始まり、明星学園和太鼓部による40の太鼓を50名の部員で打ち鳴らす太鼓に圧倒されてはじまっていきました。

基調報告のあとで、若者からのメーセージとして「安保関連法に反対するママの会@板橋など」の石川澄江さんが子供とともに現れてスピーチされました。

 

鳥越俊太郎さんの記念講演で都民と野党の統一候補として奮闘した東京都知事選挙を振り返りながら「安倍政権は戦後最悪といってもいい危険な政権です。次の総選挙では野党4党の共闘を続けてほしい」と語られ、同じ思いで大きな拍手で参加者が応えました。

愛知県本部定期大会で挨拶する伊藤委員長

参議院選挙の直後に開催された大会で私たちを取り巻く情勢について多くの

意見が出され安倍政治を変えていこうとの発言が多くありました。

憲法改悪を許さない運動をすすめていこうと年金者組合の要求実現の運動を

進めるための提案があり活発に交流しました。 

 

 

愛知年金者一揆で年金者の要求を訴えました!

年金者の要求を看板で書き出して訴える支部の皆さん。 

 

年金者の要求を看板で書き出して訴える支部の皆さん。 

 

西三河年金者一揆で青空の

もと130人が

行進して訴えました。

 

第29回日本高齢者大会IN和歌山が開催されました。

日本高齢者大会in和歌山の全体会オープニングで太鼓を披露されている

地元和歌山の皆さん 


大会の全体会で「戦後70年 日本の未来へのメッセージ」で記念講演をされる

安斎育郎氏。戦後70年で「何を教訓とするか」を考える節目の年と言われて多くの事例で具体的に話される安斎さん。直接的暴力としての戦争を防ぐためにー改めて「日本国憲法」の意義を考えようと提起されました。自分の頭で考え、民主主義の基本認識をして

頑張ろうと話され「私たちは微力であっても決して無力ではない」と結ばれました。

 

 

5月29日13:00 名古屋地裁前で「年金引下げ違憲訴訟」の訴状を提出する愛知・三重の年金者組合の皆さん。第一次提出者は、愛知203名、三重9名 会場には235名が参加して見守りました。14:00から「桜華会館」で報告集会を行いました・ 

5月1日の愛知メーデー 中央集会で3500人、他の地域で1000名で

合計4500名の参加で「安倍暴走政治ノー」「戦争立法反対!」「社会保障改悪反対」

を訴えて集会とデモ行進をしました。 

5月1日の愛知メーデー中央集会での「年金100万署名」の行動です。入り口で急ぐ方が多い中、立ち止まって署名して頂く方も多くありました。年金を下げるな!マクロ経済スライドをやめよ!の訴えが届いていきます。 

愛知での年金裁判!仲間づくり・100万署名と共に話し合い